ほうれん草の発芽状態

10月 17日 天気 雨 夕方曇り

気温 12~14度

DSC03797_convert_20171017154602.jpg

DSC03798_convert_20171017154625.jpg

DSC03799_convert_20171017154645.jpg

10/17  なんでこんなに発芽が悪いのか

この場所は南側 すぐそばに高い防風林がある。

DSC03800_convert_20171017154702.jpg

10/17 この木の陰になっている部部が

発芽が悪いのではないか。

今年 初めての現象である。以前にはなかった。

       

近くの農場へ

10月 16日 天気 雨 気温 13~12度


近くの農家の畑へ

DSC03790_convert_20171016152126.jpg

10/16  これは秋じゃが  たくさん作っている。

DSC03791_convert_20171016152151.jpg

10/16  ブロッコリー 11~12月ごろ収穫か

DSC03792_convert_20171016152212.jpg

10/16  カブ  11月には収穫できるか

DSC03795_convert_20171016152304.jpg

10/16 ブロッコリー  春の収穫 1~2月ごろ

DSC03793_convert_20171016152226.jpg

DSC03794_convert_20171016152240.jpg

10/16  なんだろう

DSC03796_convert_20171016152321.jpg

10/16  ピーマン もう収穫しないのか

雨で暇

10月 15日 天気 雨 気温 15~16度

一日中 しとしと雨降り

DSC03787_convert_20171014172138.jpg

10/14  ブロッコリー

大分 成長した 定植は10/2 2週間

そろそろ追肥して 土寄せが必要か

葉が大きくならないうちに、、、


近くのスーパー 地場野菜コーナーでは

なす 胡瓜 インゲン 里芋 サツマイモ しし唐

ピーマンなど  なにか疲れているような野菜

ハウス内で植え替え

10月 14日 天気 朝方まで雨 曇り

気温 14~17度

DSC03789_convert_20171014172211.jpg

10/14  なばな 植え替え  花ぐるま

直播が良かったが場所がないので とりあえずトレイに移す。

 

雨をさけてハウス内で作業

定植はナスのあと地を予定 この雨続きで何もできない。

DSC03788_convert_20171014172154.jpg

10/14  玉ねぎ苗 ネオアース 

同じハウス内で夏扇4号も 同じ状態


DSC03783_convert_20171014172004.jpg

10/14  ナスの幹を束ねて 圃場の隅へ

乾燥すれば 天気のいい日に燃やす。

雨の日は

10月 13日 天気 雨 気温18~14度

これから雨の日が続くと予報


朝の早い内にインゲンの畝 成っているものを

すべて収穫 そのあと根を抜きとり終わりにした。


胡瓜の後のインゲン 成果はよくない。

台風などの影響で こすれれると変色して汚くなる。


レタス水耕栽培の農家に行く。すでに出荷が始まっていた。

3日まえからだそうだ。温室内は出荷前の製品から


定植したばかりの小苗まで順番に並んでいた。

このサイクルを 来年の6月まで繰り返して出荷が

 

毎日できるように管理しているそうだ。  

その場でタネやに会いほうれん草の話をきく。





土がパリパリ

10月 12日 天気 晴れのち曇り 気温18~27

気温の高いのは今日までか


今日もカブを播種 9515マルチに3~4粒づつ

去年の残り種で蒔く。


ほうれん草の畝 発芽していない所に 追い蒔き

前にもしたが成長に差ができ 確かよくなかったような、、、


結局 遅れて発芽した苗は先に発芽した苗に光など遮られる。

土が硬い 雨に打たれてこんなに硬くなるのか。


土の表面がパリパリである。硬いのは表面だけ



ほうれん草 種が浅く蒔かれる 粉瘤

10月 11日 天気 晴れのち曇り 気温19~28度

それほど暑くはなかったので幸い


実は 2番目に蒔いたほうれん草

雨の後蒔いたので 蒔いたときに


土がめくれていて種があさく蒔かれているので

種が発芽と同時に土の表に出てきてしまう。


播種機のローラに土が付いて盛り上がる場合は

まだ土の水分が多いので播種はやめることにした。


そこで やむなく種を抑えるためにその上に土を被せた。

暑くなると聞いたので潅水をした。


病院へ  背中の中央にこぶみたいなものができ

当たると痛い。2日前から 触ると骨のでっぱりか?


皮膚科 診察の結果 粉瘤  炎症を起こしている。

なんらかの原因で皮膚の下に袋状の構造物ができる。


そこに角質や皮脂が溜まり徐々に大きくなり潰れると

中の内容物が排出され不快な臭いを発する。





食用には供さない

10月 10日 天気 晴れ 気温 17~27度


DSC03779_convert_20171010172402.jpg

10/10  ダイコン 間引き菜

アブラムシ対策で アドマイヤーを使用

その袋の注意書きに食用として供さないでください。

と書いてある。供さないとはどういう意味なのか?

食用にはできません。でいいのか。

普通に書けないのか?

DSC03780_convert_20171010172425.jpg

10/10 今朝からナスの西側の畝 片付け

午前中で 支柱を片づけ ナスの幹の

抜き取りまで行う。


10/10 カブを播種 畝の1/3くらいまで


カブの畝 夏野菜 出荷終わる

10月 9日 天気 晴れ 午後曇り

DSC03777_convert_20171009181930.jpg

10/9 結局 この場所に カブを、、

ダイコンの種を蒔くには おそいので、、


DSC03778_convert_20171009181953.jpg

10/9 インゲン 今日も 出荷

1日おきくらいに 収獲しているが

そろそろ終わりにしたいのが本音

DSC03776_convert_20171009181913.jpg

10/9  ナスの畝 東側 片付け終わる。

その後 耕耘  ph6.5もある。

西側の畝のなす 今日 すべて収穫して

最後の出荷をした。




農作業を休む

10月 8日 天気 晴れ 気温16~24度

秋晴れのいい天気


今日は 農作業は 一切できず

期限の迫った相続の打ち合わせで1日 終わる

酸度PHが下がる要因


10月 7日 天気 曇り 気温 16~23度
今朝の2~3時 大雨で目が覚める


DSC03771_convert_20171007192120.jpg
DSC03772_convert_20171007192142.jpg
10/7  ほうれん草の畝  播種10/5
前日に被せた日よけネットを取る。


ネットの網の跡がくっきりと、、
右側は ネットが捲れていた部分

雨にしっかりとたたかれている。
実はこの間から気にしている酸度 PH

この場所も ph6.5から6.2に下がっている。
今日の測定で 、、、要因は 苦土石灰を撒布後

鶏ふんを撒布している。前の場所も同じやり方
しかし理論上 下がることが考えられない。

今後の対策 もう蒔き直しはできないので
発芽後に石灰を4列の間に撒布 手で攪拌する。

最初に蒔いた畝は 今日の時点で 管理機で
耕耘したにもかかわらず チラホラ発芽していた。

少し待てばよかった。後悔している。
その場所に新たに蒔きなおした。

そのため種が無くなってしまった。
0.5リットル 15000粒で 30mの畝 5か所

1畝4列だから20列x30m  粒間は4cm



今夜の大雨に警戒

10月 6日 天気 曇りのち 雨
今夜 大雨の予報


DSC03769_convert_20171006180938.jpg
10/6  ほうれん草の畝
今夜 大雨で蒔いたばかりの

ほうれん草の種が流れないように
また土が固められないように

日よけネットを急きょ 被せる。
播種は 前日(10/5) 品種は クロノス サカタ


DSC03767_convert_20171005161121.jpg
10/5 ナスの畝 東側を片付け始める。
今日は 全部 ナスの実を収穫

大小すべて袋詰めして出荷した。
午後から 支柱をすべて抜いた。

しばらくすると 2時ごろから
雨がぽつぽつと降り始めた。


近隣農家のなす

10月 5日 天気 くもり 気温 13~20度

DSC03760_convert_20171005160853.jpg
10/5  ナス の幹は人の背丈以上
葉の虫食いは 全然ない

ナスの実は綺麗に太りボリュームがある。
葉が込み合っていて風通しが悪いのに

病気や害虫被害がないのは不思議である。
葉の色はナス紺でまだまだ 元気

霜が降る11月まで収穫ができるのでは
トンネルの中はうす暗い

DSC03761_convert_20171005160950.jpg
DSC03762_convert_20171005161007.jpg
DSC03763_convert_20171005161021.jpg
DSC03764_convert_20171005161037.jpg
DSC03765_convert_20171005161051.jpg

再度 畝つくり


10月 4日 天気 曇り 気温 19~22度

DSC03759_convert_20171004175250.jpg
10/4  ほうれん草の畝つくり
種を蒔いたが PH6.0のため

再度 苦土石灰を撒布して
今日 畝を作り直した。

すぐにでも種を蒔きたいのだが
通常は1週間後 、、、待てるか。

それともかき菜の種を蒔こうか?

DSC03758_convert_20171004175230.jpg
10/4   こちらの畝も本日 作る。
この場所に 先に蒔けばいいのか?

再度 苦土石灰を


10月 3日 天気 曇り 気温20~26度

DSC03755_convert_20171003181923.jpg
10/3  石灰 再び撒布 耕耘
訳がわからない。 なぜphが下がったのか?

春にジャガイモを栽培した場所
できたジャガイモは そうか病で肌にぶつぶつ

これは土のphが6.5もあり納得していたが
この数値は石灰を撒布前のデータ

DSC03751_convert_20171003181812.jpg
10/3  蔓なしインゲン 片付け
結果は よくなかった。

定植した時がゴーヤの陰で
十分な日光がなかった。 なぜこんな所に?

午前中の光だけでも十分と思った。
あまりセコイことをすべきでない。

そういえば 色々とセコイことをして
失敗している。これも経験と思えばそれでよし

ブロッコリー定植 終わる


10月 2日 天気 曇り 気温 19~24度
丁度いい気温


DSC03747_convert_20171002175822.jpg
10/2  ブロッコリー  定植
3日前から始めたブロッコリーの植え付け

ようやく今日 終わった。暑くないので
仕事は快調に進むかと思いきや

疲れが出て 休む時間が多くなり
結局 夕方近くまでかかる。

DSC03748_convert_20171002175844.jpg
10/2  農作業は きつい
これでは 農業経営は 自分には無理だ

ブロッコリー 定植 続く


10月 1日 天気 晴れ 気温 16~25度

希望の党 代表 小池百合子
民主党を解体 リベラル派議員を排除

前日に続き 午後から ブロッコリー定植
今日は 500本 苗の腰が弱い

午後から 曇り出したので苗の負担が減り
根が定着しそうである。

ブロッコリー定植

 9月 30日 天気 晴れ 気温 17~25度

DSC03746_convert_20170930171002.jpg
9/30  ブロッコリーの植え付け    直緑93
これだけで300本 午後から始めて

4時ごろまで 水やりもした。
苗は 老化している。葉が白っぽい

茎も硬い。このあとの成長どうなるか?

DSC03739_convert_20170930170744.jpg
9/30 ほうれん草 蒔く
前年の種で 発芽するかどうか?

種の保管が悪いので、、だめなら蒔きなおす。
ところで 蒔き終わったあと何気なくPHを測る。

1週間前ごろ測定したらこの場所だけ PH6.5
そのあと苦土石灰を100g/m2を撒布して耕耘

今日は
DSC03743_convert_20170930170911.jpg
9/30  PH6.0くらい
どうなっているのだろう。

迷うと仕事止まる。

9月 29日 天気 晴れ 気温 15~24度
気温が下がってきた。でもまだ蚊などいる。

腕など刺されかゆくて
ほうれん草 試験栽培のものが

1~3粒くらいしか発芽していない。前年の種
今日で4日目であるが、、、

この種を使うかどうか迷う。
明日まで待つか、、

ブロッコリーの定植地に施肥 耕耘
2aで鶏糞 60kgを撒布

雨で 草刈りでも


9月 28日 天気 朝方まで強い雨
のち 曇り 気温 21~28度 
夕方から 強い風


DSC03736_convert_20170928164136.jpg
9/28 今年 この場所は 何回目か
今年 最後の草刈りになるか


DSC03737_convert_20170928164151.jpg
9/28  前日にほうれん草の畝を
つくり 今朝の雨で凸凹が減った。

写真は 土地がかなり傾斜しているように
見える。畝も水平にできないのが現状

ほうれん草 畝つくり

9月 27日 天気 くもり 気温19~26度

天気予報では 明日の朝方 強い雨が、、、
夕刻から急いで 施肥が終わっている場所へ

畝幅 70cmでほうれん草の畝を作った。
発芽 試験中の去年の種はまだ芽が出ない。

3番手のダイコン 発芽していた。
また鳥にいたずらされた。

マルチの穴を掘り返す。

近隣農家の農作物

9月 26日 天気 晴れ 気温 18~27度

DSC03724_convert_20170926165635.jpg
9/26  ダイコン 
DSC03727_convert_20170926165729.jpg
DSC03728_convert_20170926165747.jpg
9/26  ダイコン
DSC03733_convert_20170926165841.jpg
9/26  ダイコン
DSC03734_convert_20170926165856.jpg
9/26  ダイコン
DSC03725_convert_20170926165652.jpg
9/26 ニンジン
DSC03729_convert_20170926165805.jpg
9/26 ニンジン
DSC03726_convert_20170926165711.jpg
9/26 キャベツかブロッコリー
DSC03732_convert_20170926165822.jpg
9/26  長ネギ

土壌  酸性

 
9月 25日 天気 晴れ 気温18~26度
衆議院解散 28日


DSC03720_convert_20170925173048.jpg
9/25  PH6.2 のため
もう一度 苦土石灰 蒔く
そして 耕耘 

ほうれん草は 厄介です。

DSC03721_convert_20170926053152.jpg
9/25 ほうれん草の種
去年の余り種 発芽するか?
試験中

土壌酸度


9月 24日 天気  晴れ 気温 19~21度

DSC03707_convert_20170921152932.jpg
9/24  酸度を測定

これからほうれん草を蒔く予定地
PH計で6.5以上は欲しい

低いところでph6.2 高いところでph6.5
ph6.2は低い もう一度 苦土石灰をまき

耕耘するか?鶏糞に含まれる石灰では
0.2くらいしか上がらないので、、、、

それとも苦土石灰を蒔いてまだ1週間も
経っていないので効果が出ていないのか?


DSC03716_convert_20170924215703.jpg
DSC03717_convert_20170924215736.jpg
9/24  ダイコンに農薬散布
コナガ ハイマダラメイガの被害

DSC03719_convert_20170924215818.jpg
9/24  きゃべつにも農薬散布

一日 種まき

 
9月 23日 天気 朝方まで雨 曇り
気温 19~24度
秋分の日  

DSC03714_convert_20170923180644.jpg
9/23  夏ねぎと玉ねぎ 播種
夏扇4号とネオアースをトレイに蒔く。

同じネギなので種も黒い粒で見分けはつかない。
床土も黒っぽいので種を落とした場所が見にくい。

夏ネギはチェーンポットに玉ねぎは筋蒔きで
終わるまであと2~3日かかりそう。


DSC03713_convert_20170923180629.jpg
9/23 午後はダイコンの種まき
前日に 耕耘しておいたので

今日は マルチをして播種


DSC03708_convert_20170923180538.jpg
DSC03712_convert_20170923180606.jpg
9/23  なり物は 風に吹かれると
傷だらけになる。

今日も出荷ナシ

9月 22日 天気 くもり 夕方から雨

収獲するものがない。2日目
明日は ナスが膨らんでいるか。

インゲンも少しある。
その分 耕耘が続く。種まき準備

この後はほうれん草を主体で
手間のかかる野菜ばかりどうして

選ぶのか?集荷場には
葉を摘み取っただけの野菜が目立つのに。

空芯菜 モロヘイヤ 
そういえば3~4月にかき菜を

3000袋以上もも出荷した人がいた。
4aくらいの広さの耕作地で

売れるならばこちららの方が楽である。

耕耘


9月 21日 天気 晴れ 気温 18~27度
汗をあまりかかない陽気になる。


DSC03706_convert_20170921152917.jpg
9/21  苦土石灰を撒布
DSC03707_convert_20170921152932.jpg
9/21  管理機で耕耘
3aくらいで2時間 かかる。

しかし 汗をかくことなく終わる。

DSC03702_convert_20170921152811.jpg
DSC03701_convert_20170921152756.jpg
DSC03700_convert_20170921152732.jpg
9/21  耕耘前の片づけ
野菜の残渣を一か所にまとめた。

胡瓜 抑制は場所を変える

9月 20日 天気 晴れ 午後 曇り
気温 20~27度

DSC03705_convert_20170921152857.jpg
9/21  5.5Mの支柱を軽トラに

胡瓜の畝 支柱を運ぶ。
胡瓜の殻を燃やす。ネットが

絡んでいるので堆肥にはできない。
マルチを剥がす。

今年の胡瓜 4番手が成りがおかしかった。
形も最初から悪いなど、、、

そのあとべと病になり急速に枯れてしまった。
前年も同じ傾向 病気になり台風で枯れる。

来年 抑制型は場所を変えたほうがいいのでは
同じ圃場では病気がうつりやすい

片付け

 9月 19日 天気 晴れ 気温 20~28度
まだ日中の日射しは暑い

キャベツの残渣を一か所に集める。
クレームがない。切断した面に現れる

茶色い薄皮 カルシュウムの不足による
生理障害 気が付いてからは出荷していない。

これは よくあることなのか
残ったキャベツ どうするか。

胡瓜の畝 支柱を壊しているとき
市の職員が視察に現れる。

写真をバチバチ取って帰る。
なんの質問もない。片づけに時間をかけたのに、、、

インゲン 成る


9月 18日 天気 晴れ 気温23~31度
台風18号による被害はなし

進路の中心に入った地域では河川の氾濫
などで多くの被害がでる。
DSC03695_convert_20170918185858.jpg
9/18  インゲン いつも見ているが、、、
急に成長したのか?

DSC03693_convert_20170918185804.jpg
DSC03694_convert_20170918185833.jpg
9/18  ダイコン播種
黒マルチに、、、、
1番手 右側の畝 発芽悪い

前年の種を混ぜて蒔いたが
全然 発芽しない 管理が悪いのか。

置き場所は冷蔵庫には入れていないので


DSC03699_convert_20170918190016.jpg
DSC03698_convert_20170918185958.jpg
DSC03697_convert_20170918185938.jpg
9/18  台風の爪痕
雨水が流れた跡