ナスの芽 害虫に

8月 22日 天気 曇り 気温 24~32度
暑さが戻る。
DSC03619_convert_20170822184726.jpg
DSC03618_convert_20170822184707.jpg
8/22   ナスの畝
ナスの芽が 白っぽい
茎も白く かじられている。

剪定(7/29)して新しい葉に再生したばかり
と思っていたら既に3週間以上も経っている。

畝 全体に広がる。農薬散布

チャノコホコリダニの仕業 0.2ミリと

非常に小さいので 目で確認できない。
葉に大きな穴をあけるのも この虫だそうだ。

以前から この葉の大きな穴は バッタやイナゴの仕業と
思っていたのが裏目にでた。

かなり前から害虫被害のサインが出ていたのだ。

DSC03620_convert_20170822184742.jpg
DSC03623_convert_20170822184830.jpg
DSC03622_convert_20170822184815.jpg
8/22  東側の畝も
危ないので農薬散布

鈴木農園 回顧録 8月5週目

 2017年 8月 21日 天気 晴れ 気温 23~29度

この記録写真は 鈴木農園を6年前に
1年間にわたり 農園の様子を撮影したもの

今回は 2011年 8月31日 撮影


1108310030_convert_20170821120316.jpg
1108310029_convert_20170821120258.jpg
1108310028_convert_20170821120237.jpg
1108310027_convert_20170821120216.jpg
1108310026_convert_20170821120156.jpg
1108310025_convert_20170821120134.jpg
1108310022_convert_20170821120114.jpg
1108310020_convert_20170821120050.jpg
1108310019_convert_20170821120027.jpg
1108310017_convert_20170821120001.jpg
1108310016_convert_20170821115934.jpg
1108310015_convert_20170821115910.jpg
1108310013_convert_20170821115840.jpg
1108310012_convert_20170821115820.jpg
1108310010_convert_20170821115758.jpg
1108310009_convert_20170821115730.jpg
1108310008_convert_20170821115708.jpg
1108310005_convert_20170821115622.jpg
1108310007_convert_20170821115647.jpg
1108310004_convert_20170821115559.jpg
1108310003_convert_20170821115407.jpg

トマトの畝 片付け

8月 20日 天気 曇り 気温 23~28度
DSC03613_convert_20170820180650.jpg
8/20   トマトの畝 

午後からトマトの畝の片づけを始める。
トマトの実をよく見ると割れていないものも多数ある。

食べてみると味は悪くはないので
良品だけ もぎ取り作業をする。

この後 幹をネットから切り離した。

DSC03614_convert_20170820180715.jpg
8/20  幹はまだ乾燥していないので
燃えにくいと思う。

今後の天気次第で乾いたら燃やそう。

DSC03615_convert_20170820180733.jpg
8/20  先日 定植した キャベツ
よく根付いている。

草は再び 根付く

8月 17日 天気  曇り 気温 22~28度DSC03607_convert_20170817191346.jpg
8/17 片付けが進まない畝
来週からまた暑さが戻るとか

雨続きで削った草が 根付く。
片づけないと草はその場で再び根をだす。

DSC03608_convert_20170817191403.jpg
8/17  トマトの実 ほとんど
割れているので収穫できない。

実だけ先にもぎ取るか?
大変な量である。雨除けをすれば

割れが防げるのか?来年はどうするか。

DSC03606_convert_20170817191332.jpg
DSC03605_convert_20170817191307.jpg
8/17   草刈り  2度目

蔓なし インゲン 定植

DSC03602_convert_20170816182956.jpg
8/16 蔓なしインゲン 定植

8月 16日 天気 小雨  気温 21~23度

蔓なしのインゲンを植え付けた。
この気候ならば直播でもすぐ芽をだす。


このネットの裏側にゴーヤがある。DSC03603_convert_20170816183014.jpg
8/16  ゴーヤ 
収獲 終わりに近い状態

DSC03604_convert_20170816183033.jpg
8/16  蔓あり インゲン
葉数が少ない 葉が小さいなど

あまり良い状態ではない。

雨の日 続く

DSC03588_convert_20170813180524.jpg
8/13  定植を待つ 蔓なしインゲン

8月 15日 天気 小雨 気温 23~27度
終戦記念日   戦後72年

梅雨の時期に戻ったような気候
今後も この雨 続くとか。

空梅雨から一転して長雨
農作業は 天気次第で急変

今日は 何をすべきか。
来年の3~5月の収穫できる野菜をどうするか。

土手のゴーヤ

<DSC03595_convert_20170814174121.jpg
DSC03596_convert_20170814174157.jpg
8/14 土手に這わしたゴーヤ

8月 14日 天気 曇り 気温 23~29度

土手に這わしたゴーヤ  
成りはよくない。失敗に終わる。

ネットがあるため草を刈ることができない。
成ったゴーヤには土が付き

ゴーヤのイボイボの奥に土が溜まる。
早く片付けるつもりである。

平地で這わせる場合は 
土の上に藁などを敷いたほうがよい。
DSC03598_convert_20170814174218.jpg
8/14   この圃場の 
道路側の草刈りを実施

里芋にアブラムシ

DSC03589_convert_20170813180540.jpg
DSC03590_convert_20170813180555.jpg
8/13   さといもに アブラムシ付く

8月 13日 天気 曇り 気温 24~30度

里芋に追肥をしていたら 
腕にはめた黒い手甲に白い小さな物が

多数付いた。よく見ると 芋の茎が黒ずんでいる。
アブラムシがいる。葉を裏返すと

やはり黒いアブラムシがいる。
外見では気づかなかったが

畝に追肥のため潜ったらわかった。

DSC03593_convert_20170813180625.jpg
8/13  キャベツ  その後
DSC03585_convert_20170813180510.jpg
DSC03586_convert_20170813180435.jpg
8/13  このきのこ
早朝6時ごろにみられたが

1~2時間で傘をたたむように消えしまった。

雨後の草削り

DSC03583_convert_20170812184644.jpg
DSC03582_convert_20170812184626.jpg
8/12    草削り

8月 12日  天気  曇り 気温 22~28度

雨の後の草削り  意外と仕事がはかどる。
土が湿っているので 三角ホーの刃が土に

容易に入りやすく草の根を切る。
結局 ほとんどの通路を1時間くらいで削り終わった。

来年は この通路に 防草シートを敷きたい。
50mで3980円 高いか安いかの判断は

自分の体力と相談するしかない。
DSC03581_convert_20170812184610.jpg
8/12  草削りの道具  三角ホー  
使用前に サンダーで刃を研いだ。

DSC03579_convert_20170812184530.jpg
DSC03580.jpg
8/12  胡瓜 
曲がり  先細り  色落ちなど多い
前回 化成で追肥をしたので

今回は鶏糞を 穴に、、、、

悩む草刈

DSC03578_convert_20170810183232.jpg
8/11 草刈りを待つ 空き地

8月 11日 天気 小雨まじり 気温 23~27度

毎日 悩まされている草
この時期 恐ろしいほどの成長

楽に片づける方法はないものか?
草刈り機 30分も使用すると

非常に疲れる。ましてや暑いこの時期は、、
草が伸びすぎているほど刈刃に巻き付き

体に負担が大きくなり疲れてしまう。
草刈り機の馬力を上げればいいのか?

キャベツの定植

DSC03573_convert_20170810183043.jpg
8/10   キャベツの定植

8月 10日  天気  曇り 夕方 雨
気温 26~31度

やっとキャベツの定植ができた。
今日は曇りで日射しがないので

丁度いいタイミング 300本余りを
午後から3時間かけて植えこむ。

夕方6時ごろから雨が降り始めた。
これは幸いである。根付きがよくなる。

DSC03574_convert_20170810183118.jpg
8/10  トマト 根元を切る。

暑い 暑い

DSC03576_convert_20170810183157.jpg
8/10 インゲンの畝

8月 9日  天気 晴れ 気温 26~34度

朝起きて むっとする温度
朝のひんやりした空気ではない。

寝苦しくて朝はまだかまだかと
何回も起きる始末

おかげで昼寝はエアコンつけてぐっすり寝込む。
午後 5時ごろ圃場へ  

定植したインゲン 葉が小さく また葉数も少ない
いつでも枯れそうである。  潅水と追肥を

また3か所 茎が折られている。鳥の仕業か?
今日の出荷品は 長ネギ 胡瓜 ゴーヤ
なすを少々

ゴーヤを連日出荷している。
わずか20Mの畝で

きゃべつ 定植場所

DSC03571_convert_20170808175217.jpg
8/8  きゃべつ  定植 準備

8月 8日 天気 曇り 気温 26~31度

雨が降ると 草が元気よく伸びる。
それを見るとやる気がなくなる。

力が抜ける。このまま続けられるのか心配
夏野菜も終盤に、、、

今はネギの出荷が中心 
集荷場も人がまばら すいている。

キャベツの定植場所 元肥を入れ耕す。

DSC03572_convert_20170808175240.jpg
8/8  ミニトマト 収獲 終わり
脇芽が 伸び放題 

大雨情報で警戒

DSC03570_convert_20170807182912.  jpg
8/7   長ネギの調製作業

8月 7日 天気 曇り 午後 時々 雨
台風 5号 和歌山 上陸 奈良方面へ

今日の天気予報で 午後3時からの大雨に警戒
ところが 雨は散発的で 蒸し暑くて、、、

窓を開けたり閉めたりで何もできない。
今 出荷しているねぎに 太いものある。

この太いものに茎が赤茶色に変色したものある。
前にも経験した。細いネギにはこれが見られない。

出荷されている他の人のネギにも太いものは 少ない。
冬ねぎのように太くする必要はないのか?

肥料が少なくても この程度のネギができる。
今後も このやり方でいいのか?、、、
 

里芋の子芋の芽が

DSC03566_convert_20170806191501.jpg
DSC03565_convert_20170806191432.jpg
8/6  さといもの畝

8月 6日  天気 晴れ 気温 25~32度
台風5号  九州宮崎を北東に

里芋 子芋の芽が多くて
追肥と土寄せをしたいが、、、

追肥の位置はどこがいいか?
芋と芋の間か?

明日は午後から 大雨が降る予定
そのあとにするか、、、

DSC03567_convert_20170806191520.jpg

DSC03568_convert_20170806191538.jpg
8/6  きゃべつ  結球が変

スイカ かぼちゃの収穫

DSC03563_convert_20170805183539.jpg
DSC03562_convert_20170805183519.jpg
8/5   スイカとかぼちゃの収獲

8月 5日 天気 晴れ 気温25~31度
湿度 72~96%

この草むらの中に スイカ苗 1本
かぼちゃ苗 2本を植えておいた。

川の土手を利用して蔓を這わせようとしたが
結果  実は全部 平らな畑の部分に成る。

スイカは 1個は既に食べたが甘さは控えめ
暑い日に冷やして食べれば美味しい

DSC03564_convert_20170805183557.jpg
8/5  長ネギの収穫
長ネギの出荷を始めている。

今日で3日目 出来はあまりよくない。
いつものように太さが揃っていない。

肥料は 1回のみ 太くなるのを抑えるため

ピーマン 急に枯れる

DSC03560_convert_20170804185013.jpg
DSC03559_convert_20170804184957.jpg
8/4   ピーマン  枯れる

8月 4日  天気 曇り 気温 22~29度

ピーマンが 枯れる。
1本めは2日前 今日また1本

根元に何か白い菌がある。
2本ともすぐ抜いて処分 

ピーマン白絹病

DSC03557_convert_20170804184911.jpg
8/4  里芋の葉
枯れ方が きゃべつの葉と似ている。

DSC03558_convert_20170804184934.jpg
8/4 剪定したナスが再生
葉の色がいい、、、

ゴーヤの柵 傾く

DSC03555_convert_20170803182954.jpg
8/3   ゴーヤの柵   左側

8月 3日 天気 曇り 気温 21~28度

ゴーヤの柵  連日の雨で
地盤が緩み 支柱が傾く。

南風を想定して支柱を組んでいるので
北風には弱い。ゴーヤの葉がヨットの

帆のような役目をはたしている。
対策 反対側にも斜めに支柱を建てればいいのだが

とりあえず 隣の胡瓜の支柱と紐で結び
反対側に倒れるのを防ぐことにした。

DSC03556_convert_20170803183009.jpg
8/3  インゲンの片づけ
ネットが絡んでいるので燃やす。

DSC03554_convert_20170803182935.jpg
8/3  ナス  東側の畝
剪定をした。

胡瓜の葉 病気だらけ

DSC03552_convert_20170802182948.jpg
8/2   胡瓜の葉

8月 2日  天気 くもりのち小雨
気温 22~26度

朝から曇っていたが雨はないので
午後 胡瓜がうどんこ病のため

薬剤散布 ところが 終えて帰宅したら
雨がパラツつく。すぐやむのかと思いきや、、

夕方 6時過ぎてもまだしとしと降りつづく。
これでは 薬剤が流れてしまいやり直しか?

DSC03550_convert_20170802182911.jpg
DSC03551_convert_20170802182931.jpg
DSC03553_convert_20170802183003.jpg
8/3  胡瓜の古い葉

午後から大雨

DSC03546_convert_20170801154447.jpg
DSC03545_convert_20170801154429.jpg
8/1   ミニトマトの畝

8月 1日  天気 くもり 午後から激しい雨
気温 24~31度

畝に落ちているミニトマト 
すべて割れている。

これだけの量 料理にも使い切れないので
すべて 捨てるしかない。

これを片づけて 急いで
午後からの雨の前に 収獲をした。

DSC03548_convert_20170801154519.jpg
DSC03547_convert_20170801154503.jpg
8/1  きゃべつ 葉の淵の茶色いのは
枯れている部分。初めてみる現象

DSC03543_convert_20170801154344.jpg
DSC03544_convert_20170801154407.jpg
8/1  3、4番手  胡瓜に
うどんこ病が発生している。

DSC03542_convert_20170801154321.jpg
8/1   定植したインゲンに
しばらくの間 日よけを

きゃべつに薬剤散布

DSC03514_convert_20170727193256.jpg
7/27   きゃべつ

7月 30日  天気 晴れ 気温 25~31度
湿度 74~92%

このきゃべつの内葉の淵に茶色い帯
外葉も白っぽい金属のような光沢

この写真は 4日前の写真で
そのような現象は見られない。

キャベツの草取りの最中に青虫を発見
前の薬剤散布から2週間以上過ぎているので

効き目が薄れているのか?
今日 再度 撒布


前日に定植したインゲン
日射しが強いので日よけのシートを被せる。

ミニトマト 割れる

DSC03540_convert_20170730193834.jpg
DSC03541_convert_20170730193852.jpg
7/30  ミニトマト  割れ

7月 30日 天気 曇り 気温 24~29度
湿度 78~94%

昨夜からの雨で ミニトマト
いっきに割れだす。 

昨日とは全然違う光景 
ほとんどすべてに割れが入る。

まだ青いトマトまでもが、、、、
これでは 収獲が終わり。

木の上方ほで割れが多い
下方に残っている実には割れが

少ない。


DSC03538_convert_20170730193743.jpg
DSC03539_convert_20170730193815.jpg
7/30  1番手の胡瓜を
片付けて  インゲンの苗を定植

暑いと花が付きにくいとか?
成りが悪ければ すぐ片づける。

きゃべつ 追肥

DSC03529_convert_20170729190025.jpg
7/29 キャベツの畝

7月 29日  天気 曇り 気温 25~31度
湿度 73~94%

きゃべつ 畝の草取り後
追肥 化成   畝の中央に撒く。

そのあと ホークでかき混ぜる。
マルチの部分は 中央にあけた穴に

隣の畝のピーマンにも追肥

DSC03530_convert_20170729190047.jpg
7/29  4番手の胡瓜にも追肥  潅水
DSC03531_convert_20170729190102.jpg
7/29  3番手 胡瓜 曲がり
先細りなど変形果が多くなってきた。

DSC03533_convert_20170729190133.jpg
7/29  2番手 胡瓜 まだ収穫中
減ってきているが、、、

DSC03536_convert_20170729190217.jpg
7/29  インゲンの畝 
片付け 始める。

スーパーの売り場に

DSC03524_convert_20170728185531.jpg
DSC03526_convert_20170728185606.jpg
7/28 地場野菜 売り場

7月 28日 天気  曇り 気温 24~30度

売り上げメール配信が届かないので
集荷場のスタッフに連絡 

調べると2日間も配信が止まっていたらしい
なぜスーパーにすぐ連絡をしないのだろう。

生産者が問い合わせて初めてこのことがわかる。
去年 このスーパーで商品が20点も紛失

集荷場は”万引きされたのでは” とあっさりした回答
誠意が全然ない。

今日 すぐにスーパーに確認しにいった。
自分の商品は全然 残っていなかった。

売り場の狭さに驚いた。
商品が多すぎて重なっているではないか。

これでは売れ残った商品は すぐ破棄か。
地場野菜の価格はこのスーパーの価格より

かなり安い。生産者同士が価格争いをしている。

ナスの更新剪定

DSC03511_convert_20170727193150.jpg
7/27  ナスの畝 

7月 27日 天気 曇り 気温 23~28度

ナスの成りが減ってきた。
これまで成り続けたため

木が疲れてきている。
木を1/3くらいに切り詰めて

再生を図れば10月ごろまで収穫を期待
今 ナスは市場にあふれて 価格は落ちるばかり


DSC03512_convert_20170727193222.jpg
7/27  草刈り機で 刈ったあと
残った草を 削り取った。

DSC03513_convert_20170727193240.jpg
7/27  里芋の畝 草取り
DSC03514_convert_20170727193256.jpg
7/27  キャベツの畝
DSC03515_convert_20170727193312.jpg
7/27  3日かけて草刈りをした。

涼しい日なので

7月 26日  天気 曇り 気温25~26度

今日は 気温が低い 湿度も低いので
農作業は はかどるはず。

前日のように 草刈り機で まずは
草を根元近くで刈り取り

明日にも残った草を草削りで削り取る予定
半日で 大分片付いた。

ただ胡瓜の根元を誤って切ってしまった。
まだこれからなり続ける苗なのに、、、

やはり 根元はすっきりとさせておかねば、、、
里芋の畝の草も取り終えた。